読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外の競馬記事を訳していくブログ

誤訳などあればコメントにて。括弧書きの文章は力不足で訳せなかったものです。。。

ソングバードがサンタアニタで調教 次走は未定

引用元

www.bloodhorse.com


フォックスヒルファーム生産の無敗の3歳牝馬、ソングバード(Songbird)は29日、エドガー・ロドリゲスを背中に乗せ、夜明けのサンタアニタパーク競馬場で5ハロン1分の調教を行い、

そのメダグリアドーロ(Medaglia d'Oro)の娘は軽い熱発によりケンタッキーオークス(GI)を回避し、この度調教に復帰したのだが、ジェリー・ホレンドファー調教師の話では、次走は完全に未定であるという。

「彼女についての予定はまだありません」ホレンドファー調教師は言った。("We're taking it one work at a time.")

2015年の2歳牝馬チャンピオンであるソングバードは、サンタアニタオークス(GI)を含む7つのレースを全て圧倒的な強さで制している。

サンタアニタの計測員であるダン・ネルソン氏の計測では、ソングバードは(:24 and 48 1/5, with a six-furlong gallop-out in 1:13 1/5.)

「いい体ほぐしになりました。」ホレンドファー調教師は言った。


ソングバードの名前を最近知ったのですが、レースは笑えるぐらい強いですね。

これまで7戦全勝、いずれも着差3 3/4馬身以上、年末のBCジュヴェナイルフィリーズも5 3/4馬身差で制しています。

ただ、これだけ強く見えると「ひょっとして戦ってる相手が弱いんじゃ?」とも思ってしまいます。テイエムオペラオーアンチの気持ちがちょっとわかる。。。

次走は未定ということですが、牝馬代表として牡馬や古馬と戦うレースが見たいですね。