読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外の競馬記事を訳していくブログ

誤訳などあればコメントにて。括弧書きの文章は力不足で訳せなかったものです。。。

エイシンヒカリ、世界最強を証明できるか

引用元:

www.paulickreport.com


ある日本馬が、ロンジンワールドベストホースランキングとTimeform社のレーティングの両方で世界最強とされている。その名はエイシンヒカリ、前走のイスパーン賞で10馬身差の圧勝劇を演じた馬だ。このパフォーマンスを受け、ワールドベストホースランキングはカリフォルニアクローム(California Chrome)やウィンクス(Winx)を3ポンド上回る129のレーティングを与えた。この5歳馬が水曜日のプリンスオブウェールズSに出走する前に、サラブレッド・レーシング・コメンタリーのジョン・ギルモア氏が陣営に取材を行った。

マネージャーの渡辺正弘氏によると、エイシンヒカリは「目まぐるしく混雑している日本の調教施設と比べて、静かな厩舎で過ごし、広い森で調教をすることができたことで状態が良くなっている」という。「気性に難のあるエイシンヒカリにとって、非常に良いことでした」

エイシンヒカリ坂口正則氏によって調教されている。田中博康騎手がフランスに飛び、エイシンヒカリの最終追い切りを行った。田中騎手によると、「彼は本当に強いですし、ここに来てから一番いい状態にいます。彼はまた強くなりました」という。 (註: 元記事内では坂口調教師の息子のトモヤス氏が最終追い切りに騎乗したことになっていますが、最終追い切りに騎乗したのは田中博康騎手であり、坂口調教師の息子に該当する名前の人物が見当たらないことから、修正して記述しています)

ロイヤルアスコット開催中で最高賞金額を誇るプリンスオブウェールズSが、エイシンヒカリの強さを証明する試練の場となるだろう。少頭数とはなったが、ザグレイギャツビー(The Grey Gatsby)やブリーダーズカップ覇者ファウンド(Found)などが顔を揃えている。


暫定の世界最強馬ということで、エイシンヒカリの注目度は高く、特集を組む記事が多く見受けられます。

イスパーン賞インパクトが非常に大きいのですが、今回の舞台は高低差が20mあるタフなコースのアスコット競馬場。道悪よりもこちらの方が心配です。

初日では、アメリカから遠征してきた牝馬・テピン(Tepin)がクイーンアンSを制しました。エイシンヒカリもこれに続いて欲しいものです。