読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外の競馬記事を訳していくブログ

誤訳などあればコメントにて。括弧書きの文章は力不足で訳せなかったものです。。。

エイシンヒカリ、世界最強を証明できるか

引用元: www.paulickreport.com ある日本馬が、ロンジンワールドベストホースランキングとTimeform社のレーティングの両方で世界最強とされている。その名はエイシンヒカリ、前走のイスパーン賞で10馬身差の圧勝劇を演じた馬だ。このパフォーマンスを受け、…

ロイヤルアスコット開催 歴史に残る6つの瞬間

引用元: www.racingpost.com ロイヤルアスコットはシルクハットにドレスにシャンパンを意味するだけでなく、5日間に渡って最高のレースが繰り広げられるイギリスの競馬の祭典でもある。ここではこの10年のロイヤルアスコット開催の中から、歴史に残る瞬間を…

【番外編】ロイヤルアスコット開催直前! 注目レースまとめ

いよいよ明日・6月14日(火)からロイヤルアスコット開催が始まります。 5日間にわたってトップクラスのGIレースが多数開催されます。この記事ではその中から注目レースをピックアップし、見どころをまとめました。皆様の観戦の一助になれば。 6/14(Tue) クイ…

フリントシャー、今年初戦のマンハッタンステークスを楽勝

引用元: www.bloodhorse.com ジュドモントファーム生産、世界を股にかけて活躍しているフリントシャー(Flintshire)が、2着のアイロニカス(Ironicus)に1 3/4馬身差をつけて、マンハッタンSで輝かしい勝利を収めた。 ダンシリ(Dansili)を父に持つこの6歳馬は、…

クリエイター、デスティンとの競り合いを制しベルモントS制覇

引用元: www.bloodhorse.com ウィンスターファームとボビー・フレイ氏の共同所有馬であるクリエイター(Creator)が、ビッグ・サンディ(註: ベルモント競馬場のダートコースの愛称)の1マイル半で行われたベルモントSを制覇した。 そのタピット(Tapit)産駒の芦…

フランケルが初年度リーディングサイアーの最有力候補に

引用元: bloodstock.racingpost.com 出走した5頭中4頭がデビュー勝ちを収めたのを受けて、RaceBets社はフランケルを初年度リーディングサイアーの賭けの一番人気とした。 その4頭は、ジョン・ゴスデン厩舎のクンコ(Cunco)、リチャード・ファイー厩舎のクイー…

ラニ、ベルモントに向けてさらに上昇

引用元: www.bloodhorse.com 松永幹夫調教師は、GIIウィナーであるラニをチャーチルダウンズではなくベルモントパーク競馬場で行われるケンタッキーダービーに出走させたかったことだろう。 2400mという距離、パサついた馬場、長いバックストレッチなど、多…

アスコットに登場する注目すべき5頭の刺客たち

引用元: www.racingpost.com ロイヤルアスコット開催に出走する外国馬は、この開催を盛り上げるための重要な要素だ。今年は世界各地からスターホースがやってくる。ここではその中から、何頭かのビッグネームを取り上げよう。 テピン(Tepin/USA) クイーンア…

トップマイラー・モーリス、安田記念でまさかの敗戦

引用元: www.racingpost.com 世界的なトップマイラーの一頭・モーリスが、安田記念(GI)で前を走るロゴタイプを捉えることができず、まさかの敗北を喫した。 GI・5勝目と8連勝を上げることが有力視されていたモーリスは、スタートから激しく掛かっていた。ト…

ポストポンド、コロネーションカップを手中に収める

引用元: www.racingpost.com 中距離界のトップホースの一頭であるポストポンドが、ダービーデイに行われたコロネーションカップで鮮烈な勝利を決めた。 女傑・ファウンドとローズバーグを打ち倒し、これでGIは3勝目、連勝記録はさらに伸びることになった。 …

ハーザンド、出走回避寸前から栄光のダービー馬に

引用元: www.racingpost.com レースの数時間前、ハーザンドは出走取り消しが疑われる状況だった。しかし、それを乗り越え、見事栄光を掴み取った。 デルモット・ウェルド調教師とパット・スマレン騎手にとっては、これが初めてのダービー制覇だ。ユーエスア…

まだ間に合うエプソムダービー出走各馬紹介

引用元: Derby 2016: Epsom runner-by-runner guide | Racing UK 16頭の出走馬が、第237回エプソムダービーの出走を待ち構えている。 ダンテ賞勝者のウィングスオブデザイアが4.5倍の一番人気、そしてオブライエン厩舎のユーエスアーミーレンジャーが5倍で二…

ディープインパクトは世界を征服するのか

引用元 bloodstock.racingpost.com 世界がサンデーサイレンスの力を思い知った時には、その伝説の馬は、日本で種牡馬としてのキャリアの絶頂にいた。 サンデーサイレンスは日本で13年連続のリーディングサイアーに輝き、ディープインパクト、ハーツクライ、…

エイシンヒカリ、世界ランキングトップに(レーシングポスト独自ランキング)

引用元 www.racingpost.com 10馬身という歴史的大差をつけてイスパーン賞を制したエイシンヒカリは、今やヨーロッパを制圧できるだけの力を持っている。 実際には、つけた着差は公式の速報値よりは大きくなかっただろう。しかし、その芦毛馬は衝撃的な強さを…

ソングバードがサンタアニタで調教 次走は未定

引用元 www.bloodhorse.com フォックスヒルファーム生産の無敗の3歳牝馬、ソングバード(Songbird)は29日、エドガー・ロドリゲスを背中に乗せ、夜明けのサンタアニタパーク競馬場で5ハロン1分の調教を行い、 そのメダグリアドーロ(Medaglia d'Oro)の娘は軽い…

「奇跡みたいだ」エイシンの平井オーナーのインタビュー記事

引用元 bloodstock.racingpost.com 平井克彦氏とその家族にとって、今週は思い出深い日になったに違いない。エイシンヒカリが10馬身差でイスパーン賞を圧勝(これは1980年以降にフランスで行われたGIレースの中で最大着差)するだけでなく、帯同馬のエイシンエ…

マカヒキ、日本ダービーの接戦を制する

引用元 www.racingpost.com 東京競馬場に駆けつけた14万人もの観客が見守る中、マカヒキがサトノダイヤモンドとの接戦を制し、日本のクラシック競争の頂点である東京優駿(日本ダービー)を勝利した。 皐月賞の上位3頭と同じ顔ぶれがこの4.3億円のイベントの上…

タイムテスト、ブリガディア・ジェラルドを制しエイシンヒカリと激突へ

引用元 www.racingpost.com タイムテスト(Time Test)がブリガディア・ジェラルドS(GIII)をを制した後、ロジャー・チャールトン調教師の目は、日本のスーパースター・エイシンヒカリを見据えていた。 ライアンムーアの手により、タイムテストは最後方から一気…

デットーリ、ダービーで人気馬に乗る重圧を語る

引用元: www.skysports.com エプソムダービーで人気になるであろうウイングスオブデザイア(Wings of Desire)。その馬に騎乗するフランキー・デットーリだが、彼もまた大変な重圧を感じているという。 30年近くもの間、そのイタリア人は騎手として活躍してき…

ポストポンド、コロネーションカップに向けて視界良好

引用元 www.thoroughbreddailynews.com 6月4日のダービーデイに行われるコロネーションカップ(GI)に向けてエプソム競馬場で軽めの調教を消化したポストポンド(Postponed)に、ロジャー・バリアン調教師は満足気だった。 「見ての通り、調教中は非常に落ち着い…

ナイキスト、熱発によりベルモントSを回避

引用元 www.bloodhorse.com 6月11日に行われるベルモントステークス(GI)にナイキストが出走しないことを、5月24日、ダグ・オニール調教師が明らかにした。 「正式に出走回避します。今朝の調教後に血液検査をしたのですが、白血球の数値が上昇しており、体温…

エイシンヒカリ、ライバルを粉砕する

引用元 www.sportinglife.com 武豊に導かれた坂口正則厩舎の5歳馬は、GI馬がひしめくライバルたちをまるであざ笑うかのようだった。 ヴァダモスがレースを作り、そこから離れすぎない位置の二番手にエイシンヒカリはつけていた。 しかし、ラスト2ハロンで武…